FC2ブログ
三ちゃん企業
 会計の世界では法人のお金と個人のお金は別個独立した存在です。

 しかし、現実社会では、夫が社長で奥さんが経理担当者そして母親が事務員をしているような、いわゆる「三ちゃん企業」とういうのが存在します。

 この「三ちゃん企業」は会社のお金も社長のお金も、まとめて「自分たちのお金」と考えているケースが多々あります。

 例えば「三ちゃん企業」が社会保険に加入するとき社長さんは次のように考えます。

「えー!社会保険に加入したら保険料が倍になっちゃうよ!」

社会保険料は会社と個人で折半するので、個人の保険料が倍になることはありません。

しかし、「三ちゃん企業」の事業主は会社のお金も個人のお金もまとめて「自分たちのお金」ととらえているので、このような本音が出てくるのです。

それならば、節税方法も会社だけにとらわれず個人もひっくるめて考えればよいのではないでしょうか。

そこで、簡単な例として次の方法が考えられます(法人に所得があることが前提)。

小規模共済とイデコ
自宅を事務所兼用としている場合の家賃

上記方法を単独あるいは組み合わせることで節税は可能です。

小規模共済は月7万円(年額84万円)まで掛けられる将来の社長のための退職金で、掛金は全額所得税法では非課税になります(小規模共済は個人でしかかけられません)。

この制度を利用すると例えば社長の役員報酬を月3万円上げ、同時に3万円の小規模共済に加入する。

そうすれば、会社の経費が3万円×12か月=36万円増加する反面、個人の所得税は増加しない。つまり会社と個人をトータルすると36万円×法人税率分の節税が可能になります。

もちろん、単純に報酬を増やした場合には、社会保険料も増加する可能性もあります。

それを回避したければ、自宅兼事務所ならば不動産収入として賃貸料をもらうようにする(不動産所得の青色申告をしていれば不動産収入から10万円まで控除できるので尚可です)。

 このように、個人所得税の非課税枠をうまく利用すれば、会社の法人税の節税方法もきっと見つかるはずです。

もちろん節税も過度なやり方では世間に睨まれる恐れがあるので常識的な範疇で行うことをお勧めします。

大河原
スポンサーサイト
【2019/03/15 11:31】 | 未分類 | page top↑
土地の譲渡
先日、不動産仲介業者からのお電話で、土地の譲渡があった方の確定申告をお願いしたいとのご連絡を頂きました。
相続で受けた土地の譲渡ということでしたので、概算取得費で処理するだけの申告を思い描き、書類をお預かりに…

書類を確認したところ、水道の引込工事をしていることが判明し、しかも工事費用の約半分を売り主様が負担していました。

引込工事費用は譲渡費用には該当せず、取得費となります。
しかしながら相続の土地で概算取得費を使うことになるため、工事費用を取得費に加えることも出来きません。

この場合水道の引込による利益に対応する部分は事業所得又は雑所得とし、その他の部分は譲渡所得として申告する必要があります。

危なく土地を売るために工事したのだから譲渡費用!としてしまうところでした。(反省)
改めて譲渡費用になるもの、取得費になるものを今一度確認し、残りの確定申告作業を進めていきたいと思います。

香取
【2019/02/26 08:42】 | 未分類 | page top↑
学校保健委員会
顧問先の社長がPTA会長を務めている関係で、私もPTAにて役員をさせて頂いています。

先日、学校保健委員会というものがありました。 茨城県も例外なく、インフルエンザが大変蔓延しております。
茨城本部としても、ようやく落ち着きましたが、先々週時点では常時4~5人が感染という状況でした。 さて、題名にあるとおり、学校保健委員会に出席してきたのですが、医者の方々からのアドバイスを集約です。

マスクについて マスクを付ける⇒咳やくしゃみにより、ウィルスの飛散を防ぐ。

しかし、マスクをしていてもウィルスの方が粒子が細かいため、ウィルスの侵入は完全には防げない。
また、インフルエンザ感染者=インフルエンザウィルスを大量に保有している。発症から5日間は空けないと菌が許容量まで下がっているとは言い切れない。

歯磨きについて、歯の前と後ろだけで終わりにしない。歯間ブラシやフロス、ベロブラシを利用しましょうとのことです。

理解は出来るが、なかなか子供のことまで実施するのは難しいなぁと思う今日この頃です。
皆様も体調管理に気を付けて、今年一年元気いっぱいでがんばりましょう♪♪


楢原 英治
【2019/02/08 13:39】 | 未分類 | page top↑
平成最後の・・・
年末より少し前からよく耳にするようになった『平成最後の・・・』!

年号が変わることについて多くの人が興味があるのだな~と驚きました。

今回は、変わる時期か決まっているからだと思いますが、年号が変わった後も

こんな感じに『新年号最初の・・・』で盛り上がるのですかね。。

そろそろ確定申告の時期になってまいりました!!

『平成最後の確定申告!!?』も風邪にも負けず頑張って乗り切りたいと思います。


田口
【2019/02/04 09:47】 | 未分類 | page top↑
地震保険料の改定
来年(2019年)の1月より地震保険料が改定され、全国平均で3.8%の値上げとなるそうです。

地震保険については、2017年、2019年、2021年の3回の改定が予定されており、今回はその2回目となります。

ただし改定率は、お住いの地域や建築構造によってかなりの差があるようで、

値上率の高い地域は(福島、茨城、埼玉、徳島、高知)などで14%以上の値上げ、

一方、値下げとなる地域もあり(愛知、三重、和歌山)などは14%以上の値下げとなるようです。

また、保険料率の他に長期係数の割引率も改定され、

これは地震保険を2年~5年の長期で契約した際の割引率が縮小されるようで、つまり値上げとなります。

2018年ももうすぐ終わってしまいます。

地震保険加入をお考えの方はお住いの地域などの状況で加入時期など頭を悩ませることでしょう。

しかし、保険料の改定はありますが地震がいつおこるかはわかりません。

補償の必要性などもよく考慮し、自己責任で早めに検討すべきでしょう。

武田
【2018/12/25 09:46】 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ