FC2ブログ
小さな感動
先日、友人と夕飯を食べに出かけた時のことです。
いつもどおりにおいしくご飯を食べた後、話に夢中になり時計を見ると
10時を過ぎていてお客さんも自分たちだけになっていました。
まだ閉店の時間でもなさそうでしたがそろそろって事になりお会計へ。
そこには、台帳をつけていた年配の人がいました。
伝票を出すと、厨房に向かって

「お願いします」

なんだ台帳をつけてるのにレジは他の人に頼むのかぁ
と思っていたら、その人がレジを打ち始めお会計が終わりました。
なんだったんだろう?と思いながら店を出ました。
のれんをくぐって外に出ると両端にこちらを向いてスタッフとコックが5、6名
待ち構えていました。少しビックリしました。
その後、車に乗ると今度は一列に並んで待っていました。
車が動き出すとそろって深いお辞儀を。
全員ビシッとした動き、ただお辞儀をするのとはまったく違っていました。
別に常連でもないし、そこがお値段のよいお店でもありません。普通のお店です。
たまたま最後の客だったために見られた光景だと思いますが・・・
感動しました。

さっきの「お願いします」はこの事かと。
よく考えると食べ終えた食器を片付けに来ましたが、その時に
「お茶はいかがですか?」
と言う言葉も、食器は下げさせて頂きますが、ごゆっくりどうぞ
と言う意味があるんだろうなっと思いました。

なんだか心も満たされました。




茨城本部 斉藤

スポンサーサイト



【2009/09/08 19:31】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |