FC2ブログ
研修会
先日消費税の研修があったので参加しました。今回もたくさんの誤解、認識不足を勉強させられました。消費税はどちらかというと軽視されがちですが、講師の先生はもっとも身近で間違いが多い税目ということで法人税よりも消費税の重要性を主張していました。
 
数ヶ月前、法人税の仮決算とセットで消費税の計算をしているということで税務署から連絡をもらいました。確認すると中間仮決算の数字から第1四半期予定納税分を控除して計算していました。
正確には第2四半期分(3か月の中間申告対象期間)のみで計算します。幸い仮決算でしたので修正は不要としていただきましたが、意外と私のような思い込みは多いようです。

もう一点の落とし穴が、たまたま土地譲渡があった場合の課税売上割合に準ずる割合の承認申請の失念があります。譲渡代金にもよりますが、対価次第ではかなり大きな金額にもなる可能性があるので十分な注意が必要と思われます。

他にも数え上げたらきりがありません。要は知っているか否か、気づいたかどうかいうことになってきますが、たまたま知らなかったあるいは気がつかなかったということで、顧問先に大きな迷惑を与えかねません、場合によっては損害賠償の問題にまで発展するかもしれません。

我々職業会計人はより良いサービスの提供と自己防衛のために日々の自己研鑽は必要不可欠のものと改めて考えさせられた研修でした。

茨城本部 清水


スポンサーサイト



【2009/11/17 22:51】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |