FC2ブログ
最近よく受ける相談
解雇、うつ病、年金、etc・・・。 

終身雇用、年功序列が崩れて会社に対する帰属意識が低下しているのではないかしら?

昔は結婚したらずっと一緒にいるのが当たり前だった。
だから多少のけんかをしてもちょっとずつ我慢してなんとかうまくやってきた。
でも、今は気に入らないことがあったら我慢しないらしい。
ある意味ドライで格好良い気もするけど・・・・。

会社も同じで会社にいて合わないなって思ったらあまり迷わずやめちゃう。
特に若者は3年で3割が辞めてしまうらしい。
私はもっと別の場所で高く買ってもらえる!という考えの方もいればまんねりであきちゃったというひともいる。

でもたいていはそんな理由ではなく、人間関係のトラブル。
会社対従業員のみならずあらゆる場面で人対人の関係が希薄になってるように思えてならない。
バブル崩壊でリストラが横行し会社なんて信じられないひいては人なんて信じられない信じられるのは自分だけみたいな風潮はあると思う。

私は基本的に人は一人では生きていけないと思う。
私の場合いつも色々な人に支えられて仕事も私生活も成り立っている。

労務管理をしていて思うことは人材は財産であるということ。
いくら立派な社長さんでも1人で出来る事には限界がある。
どれだけ、従業員さんからの協力を得られるか。

それには高い給与を与えれば良いという様な単純なことでは中々上手くいかない。
人が育つのには時間も手間もかかる。
その中で会社も従業員から色々な意味で評価されている。
できる従業員になった段階で従業員の側から見切りをつけられてはとほほなことにもなりかねない。

従業員の個々に抱える状況にも時折目を向け、困っている時にこそ思いやりのある真摯な対応をとる等、お互いの信頼関係を少しずつ築いていくことで帰属意識を高めていく事ができるのではないでしょうか?

社会保険労務士法人 朋友
代表社員 楢原 理江
スポンサーサイト



【2007/12/17 11:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | 間一髪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://narahara.blog114.fc2.com/tb.php/22-ccb251ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |