FC2ブログ
楢原会計FAX通信10月29日号
楢原会計FAX通信10月29日号

所得税等の実地調査について

◆実地調査で申告漏れ金額の6割以上を把握

平成23事務年度(23年7月~24年6月)に実施された所得税の調査等の件数は77万4千件(実地調査及び簡易な接触)で。そのうち申告漏れ等の非違があった件数は48万7千件、申告漏れ所得金額は9592億円でした。

実施された調査等の8割以上が文書や来署依頼による面接等による簡易な接触(67万6千件)でしたが、申告漏れ所得金額の6割以上(5882億円)は実地調査により把握されています。
また消費税(個人事業者)については、9万9千件の調査が実施され、そのうち申告漏れ等の非違があった件数は6万7千件、追徴課税は246億円となっています。

◆5千万超の国外財産は調書の提出が義務に。

国税庁では、海外取引、インターネット取引んどに対する調査を積極的に御子のあっています。
海外取引では、国外に所在する不動産や株式等の譲渡等による所得についても、日本で申告する必要がありますので注意しましょう。


スポンサーサイト



【2012/10/29 09:56】 | FAX通信バックナンバー | page top↑
| ホーム |