FC2ブログ
楢原会計FAX通信5月13日号
楢原会計FAX通信5月13日号

少額投資非課税制度(NISA)のQ&A

 円安などにより株式市場が大きく上昇しています。が、上場株式等の売却益や配当等に適用される軽減税率10%は今年で廃止されます。来年からは20%になるとともに、少額投資非課税制度が導入されます。

Q&A
Q:少額投資非課税制度(愛称:NISA)とは?
A:平成26年~35年に証券会社や投資信託等に投資した場合、売却益や配当等が非課税となる制度です。

Q:非課税となる限度額などは?
A:非課税口座で投資できる限度額が年間100万円となり、期間は5年間です。例えば、26年に上場株式を100万円分買った場合、30年までの5年間に生じた売却益や配当金は全額が非課税です。
 なお、26年から毎年100万円投資した場合、30年時点で最大500万の非課税投資ができます。

Q:非課税期間終了後は?
A:5年後は、通常の課税口座(特定口座など)に移すか、翌年の非課税投資枠を活用して非課税保有を続けることができます。

Q:非課税口座での年間投資額が60万円の場合、未使用分40万円を翌年に繰り越すことはできる?
A:繰り越すことはできません。

Q:非課税口座で売却損が生じた場合、特定口座との損益通算や繰越控除はできる?
A:売却益当は非課税となる一方、損失はないものとされるため損益通算などはできません。

        等。
スポンサーサイト



【2013/05/13 09:38】 | FAX通信バックナンバー | page top↑
| ホーム |