FC2ブログ
★大手企業との付き合い方★

私は職業柄、数多くの会社決算について見ています。
その中で、最近強く思うことがあります。
それは、
『大手企業が儲かり、地元の中小・零細企業は生かさず・殺さずの状況を強いられているケースが非常に多いという現状です。』
業種はさまざまですが、どんな業種でも大手が介在していると同様の傾向があると思います。
付け加えると、大手はローリスクなのに対して中小は大きなリスクを負っています。
通常の経済学ではローリスクはローリターン、ハイリスクはハイリターンと言われますが、
現実は、大手はローリスク・ハイリターン、中小はハイリスク・ローリターンです。
最近は減速気味ですが、円安・株高の時期もボーナスupなどの景気が良い話は大手企業ばかりで中小企業の経営者からは厳しい声ばかりが続いています。
また、情報の格差も深刻です。
近頃、某自動車メーカーが地元に大規模工場を作るという話もあってアパートマンションが乱立しています。
アパートマンションを建てること自体を否定するつもりはありませんが、施工業者との打ち合わせは綿密に行うとともに、十二分に懐疑心をもって慎重に望んで欲しいです。
何故かというと、大手ハウスメーカーは新築物件の建設による利益を得るし、将来のメンテナンスによる便益や管理費収入等の将来収益がローリスクで得られます。
これに対して、大家さんは空室リスクや将来の修繕負担や空室リスクに家賃値下がりのリスクも負います。
○○年一括借上げや家賃保証という言葉が書かれている場合には契約書を良く読んでください。
家賃改訂のルールや保証内容を読めば大手側が損をしないようになっていることに気づかれると思います。

くどくどと面白くない話ばかり並べて申し訳ありません。
ただ、私が言いたいことは、大手企業に依存するのではなく、毅然とした態度で交渉等に望み、大手に食い物にされない、強い中小企業になってもらいたいと思い、記載させて頂きました。
これからも、多くの中小・零細企業の一助になれるよう精進していきたいと思います。

楢原 英治
スポンサーサイト



【2013/07/03 11:19】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |