FC2ブログ
楢原会計FAX通信8月26日号
楢原会計FAX通信8月26日号

防災対策を再確認し、災害に備える。
9月1日は「防災の日」です(8月30日~9月5日は「防災週間」)。

被害を最小限にするためにも事前に備える。
災害による被害をできるだけ少なくするためにも、防災対策について再確認しましょう。

事前の備えとして、棚や家具などの店頭防止、窓ガラスなどに飛散防止フィルムを貼る、食料や飲料水など非常用品の準備、避難経路や避難場所の確認、安否確認の方法(災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板などの利用)、応急手当や消化器の使い方をみにつける、などがあります。
なお、8月30日から「警報」の発表基準をはるかに超える大災害の警戒を呼び掛けるため、新たに「特別警報」が発表されます。

災害に関する税務上の取り扱いQ&A

Q:商品や店舗などが被災により滅失損壊した場合は?
A:その損失額が損金となります。また、損壊した資産の取り壊しや土砂などを除去するための費用も損金となります。

Q:被災した固定資産を修理した場合は?
A:被災資産の現状を回復するための費用は修繕費として損金となります。また、被災前の状態を維持するための補強工事などの費用についても修繕しとして認められています。

Q:個人が住宅や家財などに損害を受けた場合は?
A:「雑損控除(所得控除)」と「災害減免法(税額控除)」のどちらか有利な方を選択適用できます。


他。
スポンサーサイト



【2013/08/26 10:21】 | FAX通信バックナンバー | page top↑
| ホーム |