FC2ブログ
東京モーターショー
先月下旬に行われた、東京モーターショーについてお話させて頂きます。

東京モーターショーは2年に一度開催されており、国内外の自動車メーカーがコンセプトカーや市販されている車両を一同に展示するイベントです。
開催当時はテレビ等でも多数取り上げられおり、実際に足を運ばれた方もいると思いますが、私もここ10年、毎回行っています。


行くと毎回感じることは多々あるのですが、今年一番感じたことは、前回より明らかに盛り上がっていた、ということです。

と言うのも、前回は2011年開催で、あの大震災のあった年だったということと、会場が幕張メッセから東京ビッグサイトに変更(規模縮小)された年だったからです。
前回も檀上に鎮座し、シャッター音を浴びるコンセプトカーはありましたが、世の中の閉塞感を反映して、どこか内向きな雰囲気が漂ってました。


それが今年は、見るブース人人人。満員電車状態。
年齢層も老若男女さまざまですが、個人的には若者の方が比率が多いように感じました。
若者の車離れって?という印象。


ただ独断と偏見で意見を言わせて頂くとすると、どこ行ってもエコ・エコ・エコ。特に国内メーカー。
このエコ一辺倒に、ちょっと辟易してしまう部分があります。

確かに石油は枯渇資源であり、代替エネルギーを模索しなければいけないのは理解できます。
ただ車の醍醐味ってそもそも、自分の意のままに操れることが愉しいのではないでしょうか?

現代社会、ヒトが自分の思い通りにならないからこそ、車でぶっ飛ばしてストレス発散、なんて人もいるんだと思います。

車が完全に人を運ぶ道具になってしまっていることに一抹の寂しさがあります。

その辺を勘案すると、若者の車離れは、メーカー自身が作り上げてしまったのではないのかな、と思ってしまいます。特に国内メーカー。



話がだいぶ逸れてしまいましたが、今回のショー、実際の統計でも、来場者数は前回比107%だったそうです。

なにはともあれ自動車産業は裾野が広い業界。
どんどん活性化して頂きたいですね。


石川
スポンサーサイト



【2013/12/19 17:57】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |