FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
楢原会計FAX通信10月27日号
楢原会計FAX通信10月27日号

25事務年度における所得税の調査状況

◆59万件から8216億円の申告漏れ
国税庁によると、平成25年事務年度(25年7月~26年6月)に実施された個人の所得税に対する調査は89万9千件行われ、うち59万件から8216億円の申告漏れ所得がありました。
申告漏れ所得に対する追徴税額は1020億円で、1件あたり91万円の申告漏れに対して11万円を追徴しています。

なお、実施された調査の9割以上は、文書や電話、来署依頼による簡易な接触(83万7千件)ですが、調査(6万1千件)により把握されています。

◆海外、ネット取引など、申告における注意点

無申告者や海外取引、ネット取引などの調査が積極的に行われていますので、申告漏れ等がないように十分注意しましょう。

【海外取引】
海外にある不動産や株式等を売却して生じた所得は原則、日本で申告する必要があります。
また、5千万円超の外国財産を保有している場合は財産の種類や価格等を記載した国外財産調書の提出が義務付けられています。

【ネット取引】
給与所得者がネットオークションやアフィリエイトなどで20万円を超える利益を得た場合には、雑所得として確定申告が必要です。

【金地金等の譲渡】
金や白金の売却で得た所得の申告漏れが倍増していますが、200万円超の取引は取扱業者から税務署に支払調書が提出されています。

【ゴルフ会員権の譲渡】
今年度税制改正により、今年4月以降に売却した場合の損失は、他の所得との損益通算ができなくなりました。

スポンサーサイト
【2014/10/27 15:59】 | FAX通信バックナンバー | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。