FC2ブログ
ほうれん草はお浸しで
 私が税理士法人優和に入社し、約1年半ほど経過した。社会人生活を送る中で、毎日毎日諸先輩方から実務はもちろん、社会人としてのマナー・礼儀等についても教わっている。教わったものの一つに「報連相」という言葉がある。今時小学生でも知っている言葉だ。

「部下は上司や先輩に報告・連絡・相談をちゃんとしましょう。そうしないと業務が円滑に進まないから顧客にも迷惑が掛かります。分かった?!」

 確かにそういった意味でも報連相は重要である。実際、私も税務で分からないことがあれば先輩に相談に行きまくっているので、先輩は(また来たよコイツ・・・)、先輩の周りの席の方も(また来たよコイツ・・・)と心の中では若干鬱陶しがっているに違いない。私の場合は相談の質という面もあるだろうが、それを抜きにしても報連相のおかげで業務が円滑に進んでいることに間違いはない。ただし、報連相の考え方は時代とともに変化しており、別の意味での報連相があることを忘れてはならないとも感じる。
 
 報連相という言葉は元々、とある社長が優秀な社員が辞めてしまったことをきっかけに、「報告・連絡・相談のできる風通しの良い職場環境を作りましょう」といった意味で広まった言葉だそうだ。それが時代とともに変化し、今では「集団としてのパフォーマンスを向上させるために報告・連絡・相談をしましょう」といった意味で広く浸透している。そのため、元々の意味を知らず報連相という言葉を使っている人が多いのではないだろうか。
 
 そういった影響もあるのか、現在SNSなどから広まった報連相の新しい考え方として、

                    「報連相はおひたしで」

という言葉がある。報連相が部下がするものであるならば、目上の者はそれをおひたしにして返しましょうというのである。以下がその意味である。


                    お・・・怒らない
                    ひ・・・否定しない
                    た・・・助ける(必要であれば)
                    し・・・指示する



 この考え方について、「これだからゆとりは。私が昔の頃は~(以下省略)」と、いわゆる昭和の我慢の世代の方達には受け入れられないことが多いだろう。しかし、おひたしは元来の意味であった風通しの良い職場づくりを思い出すためのきっかけにすぎないのではないだろうか。新しい考え方でも何でもない。忘れ去られた報連相のもう一つの側面を理解するために必要な考え方だと私は感じている。
 私に後輩ができる日がくるとしたら、おひたしを心掛けられる先輩になりたいと思った今日この頃である。


※茨城本部で教えて頂いている先輩方はおひたしがすごいので、この場を借りてお礼を申し上げさせて頂きます。いつもありがとうございますっ!!!!!

三浦
【2020/03/15 14:03】 | 未分類 | page top↑
集団心理…
連日世間をにぎわせている新型コロナウィルスのニュースですが、ここ数日はトイレットペーパーなどの紙製品が不足するのではというSNSを発信源とする誤った情報により全国で一斉に買い占めが発生したりと、混乱が続いています。
ニュースなどでもそれがデマであることを伝えていますし、実際に買いだめをした人々も「在庫がある」ことは理解しているものの、商品棚から商品が無くなっているのを目の当たりにすると、とりあえず買っておこうという心理が働いてしまうのでしょう。
マスク不足もなかなか解消されていないのも買いだめ心理に拍車をかけているのかもしれませんね。

最近ではマスクの効果の是非についても効果が薄いなどという意見も見られるようになりました。個人的には、不足しているマスクを血眼になって買い求める人々の行動抑制を目的としているのかなと思ったりしています(笑)。
いずれにしても、最も効果的で且つ誰にでも可能な予防策としては「うがい」「手洗い」ということです。
家事の多い主婦としてはいつも以上の手洗いで、あかぎれが悪化の一途を辿っていますが、とにかくそうした基本的なこと徹底して何とかウィルスを寄せ付けずにやり過ごしたいです。

香川
【2020/03/03 09:18】 | 未分類 | page top↑
空き家譲渡の特例(所得税関係)
1.概要

被相続人から相続した居住用不動産(空き家等)を譲渡(一定の要件を満たした譲渡)した場合には、その譲渡所得について3,000万円まで控除するという特例(以下「空き家譲渡の特例」といいます。)があります(措法35③)。

2.申告書作成の下準備

空き家譲渡の特例の適用が可能な不動産を譲渡した場合には、申告書を作成する前段階で、当該空き家の所在する市区町村から、被相続人居住用家屋等確認書(以下「確認書」といいます。)を取得する必要があります。 この確認書の取得のためには、被相続人居住用家屋等確認申請書(以下「申請書」といいます。)を提出しなければならず、この申請書には次のものを添付しなければなりません。

(1) 被相続人の除票住民票

(2) 相続人の住民票

(3) 売買契約書

(4) 閉鎖事項証明書

(5) 水道などの閉栓証明書

(6) 譲渡までの写真

(7) その他一定の書類

以上の書類を揃えて申請書を提出すると、順調にいけば1週間~2週間で確認書を取得することができます。

3.手続規定

相続人から空き家譲渡の特例の相談を受け、適用の可能性が高かったとしても、申告期限までに十分な時間がない場合には、難しい案件になることに留意する必要があると考えます。 この空き家譲渡の特例は、手続規定が厳しいので、申告書はもちろん添付資料についても期限後の提出を認めていません(災害等の宥恕規定はあります。)(措法35⑫)。

したがって、当初申告ですべての書類を揃えて提出しなければ、原則として適用が受けられないことになります。

  今回、個別の適用要件や計算方法には具体的に触れておりませんが、出口に至るまでには、細かな要件等の確認を重ねる必要があるかと思われます。
宮本
【2020/02/14 11:38】 | 未分類 | page top↑
雪不足
先日スキーに行ってきてました。今までも12月に行った時に、まだ雪少ないね~なんて会話したこともありましたが、1月も半ばだというのに、ところどころ土が見えている状態。
それでも今回行ったスキー場は何とか滑ることが出来ましたが、近隣のスキー場は完全にクローズしているところもあり、暖冬による雪不足の影響が大きそうでした。



雪不足とは関係ありませんが…
スポーツジムに通い始めて1年余り、筋肉痛になることもなく、3日間スキーを満喫できました。(〃艸〃)
引き続き、ジム通いしながら、健康な体つくり?ストレス発散?、これからの繁忙期を乗り切っていきたいと思います。

香取
【2020/01/28 08:55】 | 未分類 | page top↑
食べるとは
人はたくさんのものを食べて生きています。
米・野菜・肉・果物・水・・・、とてもではありませんが、多すぎて列挙することはできません。
また、それぞれの食べ物は直接は見えませんが、生産者の方が丹精込めて一生懸命作ってくださったものです。
先日、肉牛や肉豚の農家の方とお話したのですが、私たちが普段食べているお肉は、屠殺⇒カットされ、流通過程を経て、食卓に並べられています。

上手な表現が思い浮かばないのですが、命の大切さや作ってくださった方への感謝の気持ちをもたないといけないと感じました。
令和元年も残すところ1週間となっております。いよいよ寒くなってまいりますので、風邪に気を付けてご自愛くださいますよう祈念しております。

茨城本部 楢原 英治
【2019/12/24 16:29】 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ